若者たちのキャリアアップ術
若い時こそ、成長の時。世界と戦っていく術、そのための求人などをお伝えします。

世界と戦う若者たちへ

世界、特にアメリカのIT業界に対する評価はとても高いものです。
マイクソフトやアップル社を始め、名だたるIT関連企業がアメリカにはあります。
その評価の高さ、ニーズの高さは働くエンジニア達の給料からも垣間見ることが出来ます。

日本ではIT業界の平均給与がは500万円ほどですが、アメリカでは700万円ほどと格段に高水準となっています。また、投資額も日本とは比べ物にならないほどです。
アメリカでは数十人規模の会社にも数億円の投資をしたりしますが、日本ではせいぜい高くても2000万円~3000万円がいいところです。
そしてIT業界の評価も高いので優秀な人材がたくさん入ってくるのに対し、日本では以前からはかなり改善し優秀な人材も集まってくるようになりましたが、それでもまだまだアメリカやその他の海外と比べても少ない方です。

最近では日本のIT業界に行かず、アメリカやカナダで語学留学も兼ねて就職、転職する人も増えて来ました。
また、世界の企業はアピール上手であるので、ある程度の製品が出来れば広告をどんどん出して商品をアピールします。
日本は製品を作る技術力は世界と比較しても高いものを持っていますが、アピール不足のため本当は製品的に性能が優っているはずの海外製品に売上が及ばないこともあります。

日本が頑張るのは目に見えない技術力で、海外は目に見えるアピールなのでしょう。どちらがいいか悪いかは考えようにもよりますが、第一印象を決めるアピールは大事ですよね。
これからの時代は世界市場へ目を向けなければならないと思うので、日本も若い世代の経営者が中心となって世界市場に踊り出ることが出来ればいいですね。

最近の傾向ではIT市場も、フリーランスとして活躍する人が増えているようです。挑戦したい仕事があればどんどん若者がチャレンジできる、そんな業界にしていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です